6月はNBAでは新たな出会いの季節であり変革の時期だ。
グリズリーズは今年幸運にも2位指名権を引き当て、前評判どおりPGのジャ=モラントを指名。
身体能力、得点能力、パス能力とバランス良く高いのが魅力の選手だ。
これでモラントとJJJという中外2枚を核に再建の一歩を踏み出した。

さらに後述のコンリーのトレードで得た一巡目指名権でSF/PFのブランドン=クラークを指名。
一巡目9位でウィザーズに指名された八村塁のゴンザガ大学のチームメイトであり、縦にも横にも対応できる万能型のディフェンダー。
日本でも注目度の高かったNCAAトーナメントで36pt、5blkと大暴れしインパクトに残っている人も多いのではないだろうか。

C1A038F2-76D8-460A-A692-CF2BB423B2BC


そしてもう一つMEMは大きな動きをした。
ドラフト前日MEMはフランチャイズプレーヤーだったマイク=コンリーをジャズにトレードした。
具体的な内容は
コンリー ⇔クラウダ―、コーバー、グレイソン=アレン、2019 1巡目、2020 1巡目(プロテクトあり)
モラントのメンターとしての役割について話されたりしていたコンリーだが、それは現実にはならなかった。
多くのファンとチームメイトに惜しまれながらコンリーはメンフィスを去ることになった。





このトレードについてはMEMらしからぬ正統派な取引をしたなという感じ、周囲の評価もおおむね及第点といったところだ。
コンリーは昨季の活躍で今が一番トレード価値があっただろうし、年齢もあるのでMEMに残しておくことはトレードという観点から見れば悪手だ。
シンプルに若手とピックとキャップスペースを得た再建のためのトレードだ。

今までは再建といいながらもコンリー、マルクを中心にどこか煮え切らないスタンスだったMEM。
だが、思いもよらぬドラフトピックの獲得が背中を押しただろうか。
まさかモラントという2位指名確実なPGがいるドラフトで都合よく2位指名権を獲得するとは夢にも思っていなかっただろう。

コンリーは12年間グリズリーズ一筋でまさにメンフィスと苦楽をともにした選手である。
オンコートでもオフコートでもこれほど人間としてもプレーヤーとしても成熟した選手は本当に得難い。
ただコンリーはオールスターやリングとまだ成し遂げなければいけないこともある、今後は尊敬すべきライバルとして応援していきたい。
メンフィスでは大歓声で迎えられることだろう。
コンリーは絶対エースというより最高の2番手タイプの選手だと思うので、ミッチェルとのナイスガイコンビは楽しみだ。
MEMの指名権的にはPOを逃してくれた方がおいしいけど笑

これでMEMのGrit and Grindを築いたコア4(コンリー、トニーアレン、ランドルフ、マルク)は全員チームを去った。
トニーアレンの言葉を借りるならGrit and Grindはメンフィスの街そのものであった。
今のチームの最古参はパーソンズであり、一時代の終わりを感じさせられる。
新HCの招聘とフロントへのテコ入れも行い遂に本格的なMEMの再建が始まる。
ファンとしては、悲しくもありながらチームの成長にわくわくする気持ちを忘れないようにしたい。
コア4の4人はMEMの永久欠番は確実だ、そしてこれからMEMは将来彼ら4人の横にジャージを並べる5人目、6人目を育てていかなければならない。
昨シーズン終盤タンクを捨てて勝ちにいったご褒美である指名権が、メンフィスの将来を大きく変えるものとなることを願うばかりだ。


来季確定している主力は
PG  モラント、ジェボン
SG/SF カイル、ディロン、グレイソンアレン、カボクロ、CJマイルズ、パーソンズ、クラウダ―、コーバー
PF/C JJJ、ラブ、クラーク

POを破棄してFAとなったバランチュナスや制限付きFAのデロン=ライトを追うのかどうかは現時点では分からない。
来季はパーソンズの契約最終年であり、再来年以降を見据えたキャップの整理や指名権の獲得を狙っていきたいところだ。
バランチュナスと契約を結ぶならば2年後にはPO進出を本気で狙いに行く必要がある。
バランチュナスは昨季怪我でシーズン後半を欠場したJJJとの相性が未知数なだけに残すべきか出すべきかの判断は端から見ている以上に難航するかもしれない。
デロン=ライトは控えPGとしては申し分のない活躍であり、コンリーが去った今残しても不思議はない。
結局は契約額次第になるだろう。

ウイング過多のためTOであるブラッドリーの契約はおそらく破棄されるだろう。
クラウダ―、コーバーは指名権や選手の整理のためのトレードの駒になるか、バイアウトが濃厚だ。
若い選手が多いので彼ら二人が少しの間でもグリズリーズの試合に出てくれるなら、それはそれで価値があるとも思う。
若い選手を集めるだけが再建ではないからね。
このあたりはファンがとやかく言ってもどうにもならないので、フロントの決断を拝見といこう。

あとこれは近年のMEMを見ていて切に思うことだけど怪我だけは是非とも気をつけてほしい。
負け試合よりも怪我でプレーを見れない方が何倍も辛い。
MEMの新しいチャプターに期待している。

↓モラントとクラークのスカウティングハイライト