少し前にボッシュについて書いたが、それから約一か月の間に状況は一変した。


ボッシュはキャンプに突入するに当たり血栓に関する検査を受けたが、これをクリアすることができなかった。
これで三度目の血栓発覚となった。
パット=ライリーは、ヒートがボッシュにプレーを許可することは難しいと結論付け、ボッシュのマイアミでのキャリアは終わったと述べた。
ライリー及びヒートはボッシュの復帰を全力でサポートするとしてきたが、検査の結果を受け苦渋の決断を下すこととなった。

BoshRebuilt2

ボッシュもこの声明を受け、自らが歩むべき道を再び考えなければならなくなった。
そして、ボッシュは自身のHPにコメントを発表した。

以下訳━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

物事の移り変わりというものは興味深い。自分にとって、今バスケットボールに関連するあらゆることは、友人のようであり、楽しい思い出でもある。それらにとても感謝している。

数年前、ビッグ3を結成した際、我々が愛するバスケットボールを、NBA史に残る才能ある選手たちとプレーすることができた。

マイアミのファンが毎晩ショーを観に来てくれたことを覚えている。僕たちが感じた愛情、思いやり、活力は、これまでに感じたことがないレベルのものだった。心の底からマイアミに感謝したい。状況は変わってしまうかもしれないけれど、良い思い出は一生残る。本当にありがとう。

ただ、今は昔と異なる。ヒートには今後成長が期待できる素晴らしい若手が揃っている。彼らはバスケットボール選手として有能なだけではなく、人としても素晴らしい。そして良き友人たちでもある。僕は彼らにとって模範的なベテラン選手として、精神的な支えになれるよう努力した。これからは、彼らが素晴らしい街とともに困難を乗り越えていくだろう。

マイアミだけでなく、世界中のファンに御礼を言いたい。皆は、僕とそして僕のチームをサポートしてくれた。毎日のように皆がソーシャルメディアに #BoshRebuilt を付けてたくさん投稿してくれているのを知っている。皆からの愛は感じている。本当にありがとう。皆のサポートがなかったら、乗り越えることはできなかった。

今は皆に心を開いて、自分の人生の一部を知ってもらおうと思っている。もちろん、自分をさらけ出すのは簡単ではない。www.Uninterrupted.comで『ボッシュ復活への道』エピソード1~4を見ることができる。僕のプロジェクトに加わってくれて、そして意味のあるものにしてくれて、ありがとう。とても感謝しているよ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ボッシュは自分のマイアミでの出来事を追懐し、ヒートを支える若手にエールを送り、ファンへの感謝を述べた。
ボッシュは今回の一連の健康状態や復帰をめぐる問題についてファンとの"共有"を大事にしてきた。

そして、ボッシュは
「ヒートからの知らせを受けた時は、信じられなくてとても落胆した。私のヒートでのキャリアは終わったが、選手としてのキャリアは終わってはいない。」と語った。
ボッシュは、あくまでも復帰を目指し、活動していくようだがその決断が正しいか間違っているかを今判断することは難しい。

個人的には、もし検査に通っていたとしても、ヒートとボッシュの関係は長くなかったように感じる。
今回のボッシュの感謝のコメントではマイアミヒートやチーム、フロントという言葉は出てこない。
表面的にはどうあれ、ヒートとボッシュの間に大きな確執があったのは事実なのだと思う。
それに、ヒート以外の球団がボッシュをプレーさせるかどうかは分からないし、ボッシュが最終的に別の道を歩まなければならない可能性は十分にある。むしろその可能性の方が高いかもれない。

だが、ボッシュは可能な限りバスケットボールをプレーする道を探し続けることだろう。
そして、ボッシュは言う。
「人は人生のドン底にいる時こそ、本当の自分自身だ。」


 下のボタンをクリックしてもらえると励みになります(^∀^)

にほんブログ村